Wall Photos


Photos 16 - 25 out of 25 | Back to Albums
 ウォールから失礼いたします。OBCコイノニアサポートの働きの為に諸教会、個人の皆様から、献金を賜りありがとうございます。 この度、日本福音キリスト教会連合の震災基金からも献金をお送りいただきました。ありがとうございます。
 関係の方々がFacebookに多数おられますので感謝をこちらで致しました。
 
 現在までのコイノニアサポートの活動状況は下記にあります。 献金は現地の必要をリサーチし、各種支援物資、炊き出しの為の食品機材の調達等に用いさせていただきました。 

1、3月20日~ カトラゼク・ステファン 宮城県各所にてCRASH JAPANの調査活動に参加
2、3月24日 大倉寧 福島県いわき市平キリスト福音教会他に物資輸送 現地教会状況視察・ボランティア活動受入交渉実施  (JECA青梅キリスト教会の働きとして)
3、3月26日~ カトラゼク・ステファン 茨城県日立市のCRASH JAPANベースキャンプを拠点に主に福島県いわき市周辺の物資輸送活動に従事
4、3月28日~31日 大倉寧 福島県いわき市 日本同盟基督教団:勿来キリスト福音教会、湯本キリスト福音教会 の物資輸送(平キリスト福音教会)・物資配給・炊き出しの働きに派遣 (JECA青梅キリスト教会の働きとして)
5、4月 大倉朝子 宮城県石巻市 基督兄弟団石巻キリスト教会の地域支援活動について・支援関連団体との調整を実施 (・日本同盟基督教団 ・グレイスシティーリリーフ・CRASH JAPAN等)
6、4月11日~15日 宮城県石巻市(女川町含) 基督兄弟団石巻キリスト教会による地域支援活動にOBCチームとして加わる (カトラゼク・ステファン、佐々木信、大倉寧、大倉朝子 外部協力:小谷雅彦兄、小田切武兄、廉 成俊宣教師): ◯内容:支援物資輸送、物資配給・整理作業、炊き出しのための調理・配給、電気工事
7、4月19日~23日 宮城県石巻市及び女川町地域 基督兄弟団石巻キリスト教会による地域支援活動にOBCチームとして加わる (ハリス・ブ ルース、ローラ・ハリス、カトラゼク・ステファン、佐々木信、大倉寧、大倉朝子、外部協力:竹内晃二兄、小谷雅彦兄、ステイス・ダーウィン宣教師)
◯内容:支援物資輸送、物資配給、炊き出しのための調理・配給、電気工事、家屋清掃

お祈りに感謝いたします。 Bold little church in Japan
This did my heart good. My translation of Yasushi Okura's post follows: I am quoting my wife's post below. The photograph is of the Easter service at the Ishinomaki Christian Church, a Brotherhood of Christ Church, on April 24, 2011. (Taken by Noriko It...o) ----------------------------------------------------   The very first worship service since the disaster will be held at the Ishinomaki Christian Church, where I have been privileged to volunteer for two consecutive weeks.   It is a very old and small church. Their previous pastor passed away last year, and the disaster struck shortly after Pastor Ito from the Sendai Church over 50 km away began pastoring both churches.   Economically very poor, they could not offer any compensation and the pastor was paying for his own transportation costs as he traveled an hour from Sendai to support this church. Then this disaster came.   Many of the small number of members are from the Onagawa region, where damage was even greater than in Ishinomaki. One member was washed away while sitting in her car, as her husband watched, and is still missing.   The church was submerged all the way to the ceiling, and was covered in mud. The member who owned and lived at the church was wanting to tear it down.   Even a month and a half after the disaster, area homes have not been touched, and abandoned homes stand in this area as if time stood still. Here, Pastor Ito immediatly stood up, and with the support of his family, began using this as a location for distributing goods, cooking meals, and healing hearts.   This church already needed considerable support. The Sendai church also took a heavy hit from the disaster, and nobody would have complained if this had been considered a good opportunity to call it a day for the Ishinomaki Christian Church, and if the church had been shut down.   Now, several hundred people come to this church each day, and it is used in a variety of ways beyond simple material distribution. And tomorrow, the very first worship service will be held since the disaster, and it is even the Easter service! Many people are looking forward to coming to the worship service to see what it's like.   There are many small, impoverished churches across Japan. But there you will find the precious souls of each individual who gathers there. I pray God's blessings on tomorrow's Easter worship service, that the pastor who works there will be supported, day by day.

翻訳:: Rachel Burney OBCコイノニアサポート 被災地支援 最終章?
http://koinonia.o-bc.net

 OBCコイノニアサポートの為にご支援を多くの方々にいただきありがとうございます。
 被災地での働きをこれまで、スタッフや、関わりのある方々と共にさせていただきていましたが、ゴールデンウィークに向けOBCの御利用をいただくために、今週 石巻キリスト教会の方でもう一度働かせていただいて、本格的に本業に戻りたいと思います。
 お祈り感謝いたします。

 ・期間:4月20日〜22日 
 ・働きの場:基督兄弟団 石巻キリスト教会 等
キャンベル山積み 書斎にて CRASH JAPANのオフィス
幻の アフロテックス 遅ればせながら明日いわき市の方に行かせていただきます。あまり多くもない物資輸送ではございます。 

 被災の酷い多賀城市には懐かしのクリスチャンバンド:アフロテックスのメンバーのOくんが牧師をしている教会が有り(塩釜聖書バプテスト教会)、現在ボランティア活動の拠点として働きをされています。
 アフロテックス:リーダーのNくんはおゆみ野キリスト教会の教職者の一人ですが、すでに何度も支援物資輸送で用いられています。(いわきや仙台)

... それぞれの働きの守りをお祈りしています! 遅ればせながら明日、いわき市の方に行かせていただきます。あまり多くもない物資輸送ではございます。 

 被災の酷い多賀城市には懐かしのクリスチャンバンド:アフロテックスのメンバーのOくんが牧師をしている教会が有り(塩釜聖書バプテスト教会)、現在ボランティア活動の拠点として働きをされています。
 アフロテックス:リーダーのNくんはおゆみ野キリスト教会の教職者の一人ですが、すでに何度も支援物資輸送で用いられています。(いわきや仙台)

 それぞれの働きの守りをお祈りしています!
センド国際宣教団理事長 ウォーレン・ジャンセン師 来日!
 私達夫婦の結婚の証人でした。
 程なくアメリカの本部に.... 人徳は出世に響く様です。   
Photos 16 - 25 out of 25 | Back to Albums